環境への配慮に関する取組み

環境への配慮に関する方針

環境への配慮に関する方針(東急リアル・エステート投資法人)

環境への配慮に関する方針(東急リアル・エステート・インベストメント・マネジメント株式会社)

2014年3月14日制定

背景と目的

グローバルの不動産投資運用業界においては、温室効果ガス排出の多くが不動産セクターに起因することを背景に、国連責任投資原則(PRI)、およびその不動産版である「責任ある不動産投資」(RPI)が普及し、運用業務の全般において環境への配慮の重要性が広く認識されつつあります。

本投資法人は、投資主価値の最大化を究極の目的とし、成長性、安定性及び透明性の確保を目指しています。そのためには、業務運営における環境への配慮と、その取組みの適切な開示がますます重要になっていくと考えており、ここに「環境への配慮に関する方針」を策定します。

環境への配慮に関する方針

本投資法人は、不動産投資運用における環境への配慮の重要性を認識し、企業の社会的責任として、環境負荷の低減や、持続可能な社会の実現を目指した取組みを継続していきます。

1.環境への配慮に関する取組みの推進

  1. 省エネルギーと低炭素化の推進
  2. 節水と廃棄物削減の推進
  3. 安全衛生や快適性の配慮

2.環境への配慮に関する推進体制の整備

  1. 責任ある法人としての体制の整備
  2. 社外の関係者との協働

DBJ Green Building認証の取得

DBJ Green Building認証制度(以下「本制度」といいます。)とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(「Green Building」)を支援するために、平成23年4月に株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」といいます。)が創設した認証制度です。本制度では、対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取り組みを支援しています。

なお、本制度の内容等については以下をご参照ください。
DBJ及び一般財団法人日本不動産研究所との共同運営サイト:DBJ GreenBuilding認証(DBJグリーンビルディング認証)


東急リアル・エステート投資法人が取得しているDBJ Green Building 認証は以下の通りです。




商業施設


cocoti(ココチ)

DBJ

cocoti(ココチ)
所在地 東京都渋谷区渋谷一丁目23番16号
敷地面積 1,705.35m2
延床面積 11,847.87m2
構造 鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根 地上12階地下2階
竣工年月 平成16年9月



QFRONT(キューフロント)

DBJ

QFRONT(キューフロント)
所在地 東京都渋谷区宇田川町21番6号
敷地面積 784.26m2 〔信託不動産に係る面積:728.30m2
延床面積 6,675.52m2 〔専有部分の面積:4,804.46m2
構造 鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造陸屋根 地上8階地下3階
竣工年月 平成11年10月

オフィス


世田谷ビジネススクエア

DBJ

世田谷ビジネススクエア
所在地 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号~6号
敷地面積 21,315.68m2
延床面積 94,373.72m2
構造 鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート・鉄骨造陸屋根 地上28階地下2階
竣工年月 平成5年9月
  ※世田谷ビジネススクエアについては、共有持分割合55%を本投資法人が所有しています。

東急虎ノ門ビル

DBJ

東急虎ノ門ビル
所在地 東京都港区虎ノ門一丁目21番19号
敷地面積 2,016.83m2
延床面積 11,983.09m2
構造 鉄骨造陸屋根 地上10階
竣工年月 平成22年4月

東急番町ビル

DBJ

東急番町ビル
所在地 東京都千代田区四番町6番地
敷地面積 2,754.18m2
〔うち信託不動産に係る面積:2,573.80m2
延床面積 15,834.55m2
〔うち信託不動産に係る区分所有区画の専有面積:11,431.09m2
構造 鉄骨造陸屋根 11階建
竣工年月 平成23年9月

DBJ



GRESBリアルエステイト評価にて 「Green Star」を継続的に獲得

DBJ

東急リアル・エステート投資法人の資産運用委託先である東急リアル・エステート・インベストメント・マネジメントは、本投資法人を対象として、2014年GRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)調査に参加し、2015年に続いて2016年にもGRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)調査にて最高位である「Green Star」を獲得しました。

GRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)は、欧州の年金基金グループが創設した不動産会社・運用機関のサステナビリティ配慮を測るベンチマークで、主要機関投資家によって投資先を選定する際などに活用されています。

BELS評価の取得

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度:Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)は、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」における省エネ性能の表示の努力義務に対応した、住宅・建築物を格付けする第三者認証制度です。国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEI(Building Energy Index)の値によって評価されます。
本制度に基づく評価・表示は、評価協会会員である登録住宅性能評価機関、指定確認検査機関あるいは登録建築物調査機関のうち、BELS業務を実施する機関としての届出を行った機関が実施することとされています。
評価結果は星の数(1つ~5つ)により表示されます。

BELS

東急リアル・エステート投資法人が取得しているBELS評価は以下の通りです。

物件名称 評価 評価取得日
東急池尻大橋ビル ★★ 2017年1月23日

▲このページの先頭に戻る