旅客輸送人員

旅客輸送人員(東急線の旅客人員の増加)

平成22年度から平成27年度までの年間成長率は、年率換算増減率(注)で見た場合、大手民間鉄道会社16社(以下の表に示す16社をいい、JR各社は含まれません。)中において相対的に高い水準となっています。
(注) 「年率換算増減率」とは、平成21年度から平成26年度までの旅客人員の増減を、1年毎の複利計算を前提として年率に換算した増減率です。
また、東京急行電鉄株式会社の年間旅客輸送人員は、大手民間鉄道会社16社中、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)に次いで約11億4,856万人となっています(平成27年度)。

旅客輸送人員

(出所)一般社団法人日本民営鉄道協会

(注)上記グラフは、出所記載の協会の「大手民鉄の素顔」に含まれる「大手民鉄の現況」掲載の数値をグラフ化しかつ平成22年度から平成27年度までの年間成長率を計算したものです。

*上記グラフのうち括弧内の数字は営業キロを表します。

▲このページの先頭に戻る