サステナビリティ方針

資産運用会社では2022年3月に「サステナビリティ方針」を制定いたしました。本投資法人はポートフォリオの価値向上と投資主価値の最大化を目指すとともに、サステナブルな社会の実現に向けた貢献を進めるべく、資産運用会社と協働して取り組みを推進してまいります。

 当社(東急リアル・エステート・インベストメント・マネジメント株式会社)は、東急リアル・エステート投資法人の資産運用会社として、「100REIT100年成長し続けるREIT)」を目指した投資運用を追求しています。
 当社親会社で東急リアル・エステート投資法人のスポンサーである東急株式会社は、創業以来、鉄道を基盤としたまちづくりを中心に、事業を通じた社会課題の解決に取り組んできた歴史を持ち、「美しい時代へ」というグループスローガンのもと「サステナブル経営」を基本姿勢として事業を推進しています。
 当社は、東急リアル・エステート投資法人の投資主価値の最大化を究極の目的とし、成長性、安定性及び透明性の確保を目指して資産運用を行い、「成長力のある地域における競争力のある物件」への投資とスポンサーである東急株式会社とのコラボレーションにより、ポートフォリオと投資対象エリアの継続的な価値向上を図ってまいりました。
 東急リアル・エステート投資法人の資産運用会社として、また東急グループの一員として、「100REIT」を目指したサステナブルな成長と中長期的な投資主価値の最大化の実現には、社会の持続可能性(サステナビリティ)の向上に取り組んでいくことが最重要課題であるとの認識のもと、「サステナビリティ方針」を制定します。

1.環境への配慮
 省エネルギーの推進や再生可能エネルギー活用の取り組みによる脱炭素社会への移行や気候変動への対応、節水や廃棄物削減による循環型社会の実現等、環境に配慮した取り組みを推進します。またこれらを通じた物件価値の向上に努め、エリア価値の向上・美しい生活環境の創造に貢献します。

2.社会への貢献
 投資主、テナント、取引先、地域社会、役職員をはじめ様々なステークホルダーとの対話を重ね、信頼関係を築きながら、協働してサステナブルな社会の形成に向けた取り組みを推進します。
 資産運用の礎は人材にあるという認識のもと、役職員の多様性を尊重し、個々の能力を最大限発揮できるよう、柔軟な働き方を選択できる環境づくりに努めるとともに、積極的な人材育成により組織能力の向上を目指します。

3.ガバナンス体制の確立
 優れたガバナンスが競争力の源泉であるという認識のもと、より高度な「コンプライアンス」、「リスクマネジメント」態勢の構築と実効性の確保に努めます。役職員は、投資運用業者として、その社会的責任と公共的使命を認識し、法令規則の遵守にとどまらず、一人ひとりが高い倫理観を持ち、誠実かつ適切に業務を遂行し当社及び社会のサステナブルな成長に貢献します。

4.情報開示による透明性の確保
 全てのステークホルダーに対し、本方針及びサステナビリティに関する取り組み状況について、適時、適切な情報開示を積極的かつ継続的に行い、信頼関係の構築、経営の透明性確保に努めます。

サステナビリティ推進委員会

資産運用会社では、「サステナビリティ方針」に基づき、全社的にサステナビリティに関する取り組みを継続的かつ組織的に推進・協議するための体制整備の一環として、2022年3月にサステナビリティ推進委員会を設置しました。
サステナビリティ推進委員会で協議・検討された事項に関する進捗や達成状況は、資産運用会社取締役会及び投資法人役員会へ定期的に報告されます。